access01 arrow01 arrow02 mail01 qa01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

教員プロフィール Profile

野呂 知加子のろ ちかこ
Chikako Yoshida-Noro

教授 理学博士 Prof. PhD.

野呂 知加子教授 写真
メールアドレス noro.chikako
メールの送信時にはネームの後ろに@nihon-u.ac.jpを追記してください。
居室 29号館611号室  研究室紹介
1-2-1 Izumi-cho, Narashino, Chiba 275-8575, Japan
研究室 29号館410号室
ホームページ Lab Website: http://chikakonoro-lab.com
専門分野 生命科学,発生生物学,分子細胞生物学
Life Science, Developmental Biology, Molecular Cell Biology
担当科目 生物化学,遺伝子工学, 細胞工学, 応用分子化学実験III, 生命化学演習, 分子生物学(S), 化学英語III(S), 自主創造の基礎1, 2年次ゼミ, ゼミナール, 遺伝子工学(大学院)
キャリアデザイン(S)
Biochemistry, Gene Engineering, Cell Engineering, Molecular Biology (S) etc.
出身地 横浜市
血液型 A型
趣味 クラッシック音楽の演奏(ヴァイオリン・ヴィオラ・声楽・ピアノ)、カラオケ、動物の観察、猫の飼育、植物の栽培、自然散策、ものづくり、創作料理
Classical Music (Violin, Viola, Singing, Piano) Cats
お勧めの本 細胞の分子生物学 Molecular Biology of the Cell 第4版 Bruce Aberts 著 ニュートンプレス
発生生物学 Developmental Biology, Scott F. Gilbert 著 Sinauer Associates Inc.
利己的な遺伝子The Selfish Genes リチャード・ドーキンス著 R. Dowkins 紀伊国屋書店
ヒトと生きものたちの科学のいま 岡田節人著 岩波書店
学歴・経歴 フェリス女学院中高校卒、千葉大学理学部生物学科卒業
京都大学大学院理学研究科・生物物理学専攻博士前後期課程修了(理学博士)、国立精神・神経センター・流動研究員、JST ERATO古沢発生遺伝子プロジェクト・研究員/グループリーダー、英国ケンブリッジ大学・訪問研究員/シニアリサーチアソシエイト、JSTさきがけ研究21「細胞と情報」領域・研究員、理化学研究所脳科学総合研究センター・研究員、理化学研究所バイオリソースセンター・先任技師(研究職)を経て

2005年
日本大学大学院総合科学研究科・生命科学専攻・准教授
2008年
生産工学部応用分子化学科・准教授 および医学部細胞再生移植医学講座・兼担准教授
2012年
日本大学・教授(生産工学部・大学院総合科学研究科・医学部兼担)
2013年
日本大学大学院生産工学研究科応用分子化学専攻担当(生産工学部・医学部兼担)
現在(2015)に至る
(詳細は研究室ホームページ参照 Lab Website:http://chikakonoro-lab.com)

Education:Department of Biology, Faculty of Science, Chiba University (BS); Department of Biophysics , Faculty of Science, Kyoto University Graduate School (PhD)
Research Carrier:Postdoctoral fellow, National Institute of Neuroscience, NCNP; Group Leader, JST ERATO Furusawa MorphoGene Project; Senior Research Associate, University of Cambridge in U.K.; Researcher, JST PRESTO "Cell and Information"; Researcher, RIKEN Brain Science Institute; Senior Research Scientist, RIKEN BioResource Center; 2005- Nihon University 2012-Prof.
資格・免許等 第一種放射線取扱主任者 実用英語検定準一級 中学高等学校一級教員免許状(理科) TOEICスコア915 (1999年) 愛玩動物飼養管理士1級 実験動物技術者2級
Cert. sr. radiation protection supr.

研究テーマ・概要

研究概要

大学院時代に細胞接着分子カドヘリンの最初の同定と命名を行い(岡田節人・竹市雅俊両博士のご指導による)、以来発生・再生における細胞接着分子と細胞間相互作用の役割に興味を持って研究を続けてきました。 現在は、生物の形作りや生命のしくみについて分子化学的・分子生物学的なアプローチにより明らかにする研究を行っています。がんなどの病気の原因究明や再生医療への応用も視野に入れ、細胞社会の基本原理の解明と関連技術の開発をめざしています。

Laboratory of Molecular Biosystems :
Research Concept
Role of Cell Adhesion Molecules in Development, Regeneration & Disease
Multicellular organisms including human beings need cell adhesion, communication and differentiation for their existence. The role of individual cells in the cellular society varies during development or regeneration. Cell adhesion also shows dynamic change in these processes. In some diseases, disorder is caused by the disturbance of a balance and a network in the cell society resulting from the abnormal cell adhesion and communication (e.g. cancer metastasis). New molecular findings as well as evolutional insight will be important to understand the mechanism of cell adhesion (proteins and glycoconjugates). From a viewpoint of cell sociology, various biological phenomena and diseases will be explicated.

主要研究テーマ

  1. 細胞接着分子カドヘリンと幹細胞分化・がん細胞転移
    【内容】 細胞接着分子と細胞間相互作用の分子機構研究
    【方法】 ゲノム化学的手法によるカドヘリンの発現抑制と上皮—間充織転換誘導
    【応用】 がん転移機構の解明と転移防止薬の開発
  2. 再生医工学研究
    【内容】 幹細胞分化から組織構築へ細胞社会学研究
    【方法】 ケミカルバイオロジーの手法を用いた幹細胞分化誘導と組織再生
    【応用】 再生医療実現化とデバイス・マトリックス素材の開発
  3. 再生幹細胞の増殖・移動・分化
    【内容】 ヤマトヒメミミズ無性生殖の分子機構研究
    【方法】 ヤマトヒメミミズ再生に関わる幹細胞と分子の解析
    【応用】 幹細胞再生機構の基本原理の解明と臨床応用
  4. 幹細胞再生と環境因子
    【内容】 再生能力の高いヤマトヒメミミズを用いた幹細胞と環境因子の関係研究
    【方法】 バイオテクノロジーによるマーカーGFP遺伝子導入と解析
    【応用】 環境化学物質に反応して光る環境バイオセンサーの開発
  5. 幹細胞・生殖系列細胞の発生・分化と糖鎖
    【内容】 幹細胞・生殖細胞の分化機構研究 細胞表面糖鎖マーカーの探索
    【方法】 ヤマトヒメミミズの有性・無性生殖スイッチ機構解明
    【応用】 生殖細胞分化の基本原理の解明と臨床応用

Research Projects

  1. Cell Adhesion Molecules in Stem Cell Differentiation and Cancer Metastasis
  2. 4D-Tissue Engineering
  3. Proliferation, Migration and Differentiation of Regenerative Stem Cells
  4. Stem Cells and Environmental Factors
  5. Development and Differentiation of Germline Stem Cells

業績

(詳細は研究室ホームページ参照 Lab Website: http://chikakonoro-lab.com )

研究論文

1) 最近の研究論文・総説 Recent Papers

  • 2017年3月
    Ando Y, Saito M, Machida M, Noro C, Takahashi M, Toyoda M and Umezawa A. (2017) "Can human Embryonic Stem Cell-derived stromal cells serve a starting material for myoblasts?," Stem Cell International. in press.
  • 2016年5月
    Yasumoto Y, Hashimoto C, Nakao R, Yamazaki H, Hiroyama H, Nemoto T, Yamamoto S, Sakurai M, Oike H, Wada N, Yoshida-Noro C, Oishi K. (2016) Short-term feeding at the wrong time is sufficient to desynchronize peripheral clocks and induce obesity with hyperphagia, physical inactivity and metabolic disorders in mice. Metabolism. 2016 May; 65(5):714-27. doi: 10.1016/j.metabol.2016.02.003. Epub 2016 Feb 9. PMID: 27085778
  • 2015年4月
    荻野 拓海, 上原 拓也, 山口 照美, 前田 太郎, 野呂 知加子, 霜田 政美 (2015) ナミヒメハナカメムシOrius sauteri の波長選好性. 日本応用動物昆虫学会誌(応動昆)第59 巻 第 1 号:10–13. Takumi OGINO, Takuya UEHARA, Terumi YAMAGUCHI, Taro MAEDA, Chikako YOSHIDA-NORO and MasamiSHIMODA (2015) Spectral Preference of the Predatory Bug Orius sauteri (Heteroptera: Anthocoridae)Japanese Journal of Applied Entomology and Zoology.
  • 2014年12月
    野呂知加子*, 伊藤孝, 加瀬榛香, 山口智也 (2014) ヤマトヒメミミズ幹細胞システムを活用した環境重金属バイオセンサー開発 日本大学生産工学部研究報告A 第47巻第2号p15-22. Yoshida-Noro C*, Ito T, Kase H and Yamaguchi T. (2014) Development of the Eco-Bio Sensor for Heavy Metal Ions by Using Stem Cells System of Enchutraeus Japonensis  JOURNAL OF THE COLLEGE OF INDUSTRIAL TECHNOLOGY NIHON UNIVERSITY (2014) 47(2): 15-22
  • 2012年5月
    Sugio M, Yoshida-Noro C*, Ozawa K, Tochinai S (2012)  Stem Cells in Asexual Reproduction of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelid) : Proliferation and Migration of Neoblasts, Develop. Growth, Differ. 54(4): 439-450. May 2012.  *corresponding author DGD Paper Award 2013 
  • 2012年4月
    Shan L, Noritake S, Fujiwara M, Asano S, Yoshida-Noro C, Noro N, Yamashita K, Kawakami T. (2012) Sec14l3 is Specifically Expressed in Mouse Airway Ciliated Cells. Inflammation. 35(2):702-12.  2012 Apr 1
  • 2010年10月
    Saito K, Fukuda N, Matsumoto T, Iribe Y, Tsunemi A, Kazama T, Yoshida-Noro C, Hayashi N. (2010) Moderate low temperature preserves the stemness of neural stem cells and suppresses apoptosis of the cells via activation of the cold-inducible RNA binding Protein. Brain Research. 1358:20-9. 2010 Oct. 28;.

2) 主要論文・総説 Major Papers & Reviews

*ヤマトヒメミミズ Enchytraeus japonensis

  • 2012年5月
    Sugio M, Yoshida-Noro C*, Ozawa K, Tochinai S (2012)  Stem Cells in Asexual Reproduction of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelid) : Proliferation and Migration of Neoblasts, Develop. Growth, Differ. 54(4): 439-450. May 2012. *corresponding author DGD Paper Award 2013 
  • 2010年1月
    Yoshida-Noro C, Tochinai S. (2010) Stem Cell System in Asexual and Sexual Reproduction of Enchytraeus japonensis (Oligochaete, Annelida). Develop. Growth, Differ. 52(1), 43-55.
  • 2010年1月
    Takeo M, Yoshida-Noro C, Tochinai S. (2010) Functional analysis of grimp: a novel gene required for mesodermal cell proliferation at an initial stage of regeneration in Enchytraeus japonensis (Enchytraeidae, Oligochaete). International Journal of Developmental Biology. 54(1), 151-160.
  • 2008年4月
    Takeo M, Yoshida-Noro C, Tochinai S. (2008) Morphallactic regeneration as revealed by region specific genes expression in the digestive tract of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida). Developmental Dynamics. 2008 Apr 4; 237(5): 1284-1294.
  • 2008年4月
    Sugio M, Takeuchi K, Kutsuna J, Tadokoro R, Takahashi Y, Yoshida-Noro C and Tochinai S. (2008) Exploration of embryonic origins of germline stem cells and neoblasts in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida). Gene Expression Patterns 2008 Apr; 8(4): 227-36.
  • 2005年8月
    Kawamoto S, Yoshida-Noro C, Tochinai S. (2005) Bipolar head regeneration induced by artificial amputation in Enchytraeus japonensis (Annelida Oligochaeta). Journal of Experimental Zoology A Comparative Experimental Biology 2005 Aug 1; 303(8): 615-27.
  • 2000年6月
    Yoshida-Noro C, Myohara M, Kobari F, Tochinai S. (2000) Nervous system dynamics during fragmentation and regeneration in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida). Development Genes and Evolution 2000 Jun; 210(6):311-9.
  • 2000年1月
    Inomata K, Kobari F, Yoshida-Noro C, Myohara M, Tochinai S. (2000) Possible neural control of asexually reproductive fragmentation in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Enchytraeidae). Invertebrate Reproduction and Development 37: 35-42.
  • 1999年12月
    Myohara M, Yoshida-Noro C, Kobari F, Tochinai S. (1999) Fragmenting oligochaete Enchytraeus japonensis: A new material for regeneration study. Development Growth and Differentiation 1999 Oct; 41(5): 549-55.

*カドヘリン・糖鎖・接着分子 Cadherin・Glyco-conjugates・Cell Adhesion Molecules

  • 2006年8月
    Nakamura K, Suzuki Y, Goto-Inoue N, Yoshida-Noro C, Suzuki A. (2006) Structural Characterization of Neutral Glycosphingolipids by Thin-Layer Chromatography Coupled to Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Quadrupole Ion Trap Time-of-Flight MS/MS. Analytical Chemistry 2006 Aug 15; 78(16): 5736-43.
  • 1999年12月
    Yoshida-Noro C, Heasman J, Goldstone K, Vickers L, Wylie C. (1999) Expression of Lewis group carbohydrate antigens during Xenopus development. Glycobiology. 1999 Dec; 9(12): 1323-30.
  • 1996年5月
    野呂知加子 「分化へのcommitmentにおける細胞接着分子の役割」 実験医学増刊「発生・神経研究の最前線'96-'97」 Vol.14 No.8 p1060-1066.
  • 1995年11月
    野呂知加子 「発生における"弱い"細胞間相互作用ー糖鎖による細胞接着ー」 細胞工学Vol.14 No.11 p1320-1327.
  • 1994年12月
    Heasman J, Crawford A, Goldstone K, Garner-Hamrick P, Gumbiner B, McCrea P, Kintner C, Yoshida-Noro C, Wylie C. (1994) Overexpression of cadherins and underexpression of b-catenin inhibit dorsal mesoderm induction in early Xenopus embryos. Cell 79, 791-803.
  • 1994年1月
    Heasman J, Ginsberg D, Geiger B, Goldstone K, Pratt T, Yoshida-Noro C, Wylie C. (1994) A functional test for maternally inherited cadherin in Xenopus shows its importance in cell adhesion at the blastula stage. Development. 1994 Jan; 120(1): 49-57.
  • 1985年1月
    Yoshida-Noro C, Takeichi M, Okada TS. (1985) Detection of the initial step of mesenchymal differentiation of teratocarcinoma cells using the monoclonal antibody ECCD-1. Development Growth and Differentiation 27, 673-678.
  • 1985年
    Takeichi M, Yoshida-Noro C, Shirayoshi Y, Hatta K. (1985). Calcium-dependent cell-cell adhesion system: Its molecular nature, cell typespecificity, and morphogenetic role. In "The Cell in Contact : Adhesions and Junctions as Morphogenetic Determinants, eds. Edelman, G. M. and Thiery, J.-P.", pp.219-232, A Neurosciences Institute Publication, John Wiley & Sons. N.Y.
  • 1984年5月
    Kanno Y, Sasaki Y, Shiba Y, Yoshida-Noro C, Takeichi M. (1984) Monoclonal  antibody ECCD-1 inhibits intercellular communication in teratocarcinoma PCC3 cells. Experimental Cell Research 1984 May; 152(1): 270-4.
  • 1984年1月
    Yoshida-Noro C, Suzuki N, Takeichi M. (1984) Molecular nature of the calcium-dependent cell-cell adhesion system in mouse teratocarcinoma and embryonic cells studied with a monoclonal antibody. Developmental Biology 1984 Jan; 101(1): 19-27.
  • 1983年
    Takeichi M, Yoshida-Noro C, Ogou S, Shirayoshi Y, Okada TS, Wartiovaara J. (1983). A cell-cell adhesion molecule involved in embryonic cellular interactions as studied by using teratocarcinoma cells. In "Cold Spring Harbor Conferences on Cell Proliferation, Vol. 10, eds. Silver, L., Martin, G. and Strickland, S.) pp. 163-171, Cold Spring Harbor Laboratory.
  • 1983年9月
    Ogou S, Yoshida-Noro C, Takeichi M. (1983) Calcium-dependent cell-cell adhesion molecules common to hepatocytes and teratocarcinoma stem cells. Journal of Cell Biology 1983 Sep; 97(3): 944-8.
  • 1982年
    Takeichi M, Atsumi T, Yoshida C, Ogou S. (1982). Molecular approaches to cell-cell recognition mechanisms in mammalian embryos. In "Teratocarcinoma and Embryonic Cell Interactions, eds. Muramatsu, T. et al.", pp. 283-293, Japan Scientific Societies Press, Tokyo.
  • 1982年2月
    Yoshida C, Takeichi M. (1982). Teratocarcinoma cell adhesion : Identification of a cell surface protein involved in calcium-dependent cell aggregation. Cell 28, 217-224.
  • 1981年10月
    Takeichi M, Atsumi T, Yoshida C, Uno K, Okada TS. (1981) Selective adhesion of embryonal carcinoma cells and differentiated cells by Ca2+-dependent sites. Developmental Biology 87, 340-350..
  • 1981年
    Okada TS, Yoshida C, Atsumi T, Ogou S, Takeichi M. (1981) Molecular insight to the mechanisms of cell adhesion in relation with early mammalian morphogenesis. In " Generic approaches to Developmental Neurobiology, ed. Tsukada, Y. ", pp.77-85, University of Tokyo Press, Tokyo.
  • 1980年
    竹市雅俊、吉田知加子 (1980). 「細胞接着における分子間反応−細胞間接着と細胞基質間接着の違い」 化学増刊84 バイオメディカルポリマー−生物医学領域における高分子の利用(今西幸男、高倉孝一、丹沢宏編)化学同人 pp.21-31.

3) 最近の主な国際学会発表 Recent International Congress

  • 2016年11月
    Yoshida-Noro C. (2016) "Reproductive Strategy ~Asexual vs. Sexual~; Enchytraeus japonensis" The 22nd International Congress of Zoology, Nov15-18, 2016, Okinawa Institute of Science and Technology, Okinawa, Japan.
  • 2015年12月
    Yoshida-Noro C (2015) Reports of International Survey for Recruitment and Promotion of Women Researchers in East Asia. WECC2015 (World Engineering Conference and Convention), Dec 1, Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan
  • 2015年9月
    Yoshida-Noro C, Matsumoto T, Fukuda N (2015) vitro / vivo Shuttle-Type 3D Cell Culture Chamber. The 2015 Tissue Engineering Congress. Sep 10, 2015, The O2, Peninsula Square, London, UK.
  • 2014年11月
    Yoshida-Noro C, Yamazaki T, Mirura Y, Kohsaka A, Matsumoto T, Sugiyama H, Fukuda N (2014) Pyrrole-imidazole polyamides targeted to the E-cadherin promoter induce epithelial-mesenchymal transition in human hepatoma cells. 18th International Conference of the International Society of Differentiation in conjunction with the British Society for Developmental Biology (ISDB-BSDB Joint Meeting). Nov.3, 2014, The Guoman Tower Hotel, London, UK.
  • 2011年6月(招待講演)
    野呂知加子 (2011) 「vitro/vivoシャトル型3次元細胞培養チャンバー」 国際バイオEXPO バイオアカデミックフォーラム講演 東京
  • 2010年11月
    Yoshida-Noro C , Takeo M, Noguchi S, Tochinai S. . (2010) grimp, a novel gene required for stem cell proliferation at an initial stage of regeneration in Enchytraeus japonensis (Enchytraeidae, Oligochaete). Differentiation 80, Supplement 1, S45. The 16th International Conference of the International Society of Differentiation, ISD2010. Nov. 2010, Nara, Japan.
  • 2010年3月
    Yoshida-Noro C, Takeo M, Sugio M, Kawamoto S, Tochinai S.(2010) Regulatory Aspects of Asexual and Sexual Reproduction in Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida) (RIKEN CDB Symposium 2010, March 23-25, Kobe, Japan.)
  • 2009年9月
    Yoshida-Noro C, Takeo M, Sugio M, Kawamoto S, Tochinai S. (2009) Stem cell system in sexual and asexual reproduction of Enchytraeus japonensis (Oligochaeta, Annelida) Mech. Develop. 126, Supplement 1, S284. 16th International Congress of Developmental Biology, Edinburgh, UK
  • 2009年7月
    Matsumoto T, Kano K, Fukuda N, Jumabay M, Hirayama A, Takahashi S, Mugishima H, Iribe Y, Odaka M, Noro C, Wada M (2009) Dedifferentiated fat cells as a new cell source for regenerative medicine. (Workshop) The 9th World Congress on Inflammation July 6-10, Tokyo, Japan 
  • 2005年9月
    Yoshida-Noro C, Goto N, Hisaki H, Suzuki M, Suzuki A, Yoshiki A, Obata Y, Moriwaki K, Nagase H, Tadano-Aritomi K. (Sep 2005) Gene Expression Profiling of the Developing Testes from Glycosyltransferase-deficient Mice bearing Defects in Spermatogenesis. Mech. Dev. Vol 122 S123 (2005) 15th International Congress of Developmental Biology, Sydney

4) 女性科学技術者国際会議 International Network of Women Scientists and Engineers

  • 2016年9月(Invited)
    "Recent activity in Japan for gender equality in university and next-generation invitation to STEM" SNU Diversity Forum, Sep.9 2016, Seoul National University, Seoul, Korea
  • 2016年9月(Invited)
    "Diversity in STEM: Recent Situation in Japan" Symposium of Gendered Innovations in Science and Technology Research (GISTeR) , Sep.8 2016, KOFWST, Seoul, Korea
  • 2015年8月(Invited)
    Session Chair, 7th Korea-China-Japan Women Leaders Forum for Science and Technology, Aug 26, 2015, Seoul, Korea.
  • 2014年10月(Invited)
    "Career and Leadership Education in Engineering - CIT Girls' Project", Gender Innovation Forum on Science and Engineering Education, KOFWST, October 1st, 2014, Iris Hall, 12th floor, Science and Technology Center, Seoul, Korea.
  • 2014年9月(Invited)
    "Reports of International Survey for Recruitment and Promotion of Women Researchers in East Asia" Forum on the Women Scientists in Korea, Japan and Germany, September 30 2014, WISET, Science and Technology Center, Seoul, Korea
  • 2014年9月(Invited)
    "Career Way Project of Nihon University", International Symposium on Career Ways in Science and Research –the Experience of Germany- -Gender Balance, Equality, diversity and Opportunities, Careers and Family, Work-Life Balance- 日独国際シンポジウム 学術研究職におけるジェンダー ドイツの取り組みの実践例 –男女共同参画、多様性と機会均等、仕事と生活の調和- 20th Sept. 2014, Main Hall, Nihon University, Chiyoda, Tokyo, Japan.  2014年9月20日 日本大学会館 東京
  • 2014年8月(Invited)
    Session Chair, 6th China-Korea-Japan Women Leaders Forum for Science and Technology, Aug 17, 2014, Tongliao, Inner Mongolia, China
  • 2014年7月(Invited)
    APRU Workshop on Academic Leadership by Women. July 1st - 2nd, 2015. Kyoto University Tokyo Office, Shinagawa, Tokyo
  • 2013年11月(Invited)
    "Reports of International Survey for Recruitment and Promotion of Women Researchers in East Asia" Tsukuba satellite meeting, 5th Japan-China-Korea Women Leaders Forum, Nov. 13 2014, Sengen Central Building Meeting Room No.1, National Institute for Materials Science (NIMS)
  • 2013年11月(President)
    "Opening Address from the Chair of the organizing committee" Main Symposium, 5th Japan-China-Korea Women Leaders Forum, Nov. 12, 2014 Main Hall, Nihon University, Tokyo
  • 2012年11月(Invited)
    Science and Technology Governance and Women Scientist, The 4Th Korea-China-Japan Women Leaders Foum for Science & Technology (Chikako Yoshida-Noro) Seoul National University, Seoul, Korea, Nov.12, 2012.
  • 2010年11月(Invited)
    Future women scientists and engineers in Japan. : Future Women Scientists and Engineers. (Chikako Yoshida-Noro) (Outreach program of The 3rd China-Japan-Korea Women Leaders Forum for Science & Technology) in Fuzhou University, Fuzhou City, Fujian Province, China, Nov.3, 2010.
  • 2010年11月(Invited)
    Policy and environment to promote the development of women personnel in science and technology ; Recent Situation in Japan. : The 3rd China-Japan-Korea Women Leaders Forum for Science & Technology. (Chikako Yoshida-Noro) "Women Personnel in Science and Technology and Innovative Development" Westlake Hotel, Fuzhou City, Fujian Province, China, Nov.2 , 2010

5) その他執筆 Other Writings

*総説・論説・寄稿

  • 2013年8月
    「女子学生をふやそう」はたらくこと いきること 理工系女性の想い (野呂知加子) 日刊工業新聞 2013年8月14日
  • 2011年10月
    「新しい道を切り拓いて, 夢を実現しよう」先輩からのメッセージ〜仕事と私事 (野呂知加子) 高分子 2011年10月号
  • 2011年5月
    「科学技術分野における女性の活躍促進」(野呂知加子)工学教育 59巻3号17-24.
  • 2009年7月
    「科学技術分野における女性の参画~基盤整備からさらなる発展に向けて~」(野呂知加子) 学術の動向 14(7)79-82.
  • 2008年11月
    「日本大学における男女共同参画の取り組みについて」(野呂知加子) 桜門春秋(日本大学広報季刊誌 2008秋号 pp10-18

*編集/監修/著書分担執筆

  • 2013年2月
    岩波生物学辞典 第5版 (岩波書店 2013年2月26日発行)
  • 2012年3月
    ポスト3・11変わる学問 気鋭大学人からの警鐘 (河合塾制作 朝日新聞出版 2012年3月16日発行)
  • 2005年8月
    学研科学のたまご03号 2005年8月25日発行「これならわかる生命の設計図DNA入門」
  • 2002年3月
    子ども科学技術白書III 未来をひらく夢への挑戦『せまろう!生命のひみつ』(編集委員)

*翻訳

  • 1989年7月
    G.M.エーデルマン著 野呂知加子訳 「トポバイオロジー」/日経サイエンス 
    (別冊日経サイエンス111 「糖鎖と細胞」)
  • 1984年6月
    G.M.エーデルマン著 野呂知加子訳「動物体の形成に働く細胞接着分子」/日経サイエンス

6) 特許 Patents

  • 2007年11月
    特願2007-296070 E-カドヘリン遺伝子発現抑制剤
    (野呂知加子・福田昇・杉山弘)
  • 2007年6月
    特願2007-151480 シャトル型3次元細胞培養チャンバ-
    (野呂知加子・福田昇・松本太郎・麦島秀雄)
  • 2000年
    A Method for Inhibiting an Irregular Binding of Human Lens Cells.
    (Ogiso M, Yoshida-Noro C. EPC, Canada, USA.)

7) 研究費 Grants

*代表者

基盤研究(C)(一般)(平成25-28年度)「ヤマトヒメミミズ再生初期に幹細胞に発現する遺伝子grimpのタンパク質機能解析」

基盤研究(C)(一般)(平成22-24年度)「ヤマトヒメミミズ再生初期に幹細胞に発現する遺伝子grimpの機能解析」

平成23, 24-25年度研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) FSステージ

平成21・22年度日本大学学術研究助成金(総合研究)

平成18・20年度日本大学学術研究助成金一般研究(個人研究)

平成5-8年度新技術事業団(JST)さきがけ研究21

日本大学生産工学部リサーチプロジェクト「バイオ学際研究による生産工学イノベーション」 研究代表者 野呂知加子 (平成27-30年度) 

*分担者

私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「脱分化脂肪細胞を用いた細胞治療の臨床応用に向けた橋渡し研究」(研究代表者 松本太郎)(文部科学省・日本大学)(平成26-30年度)

日本大学学長特別研究「成熟細胞脱分化による組織再生メカニズムの解明と脱分化培養技術を用いた細胞治療開発」研究分担者(代表者松本太郎医学部教授)(平成27-29年度)

日本大学学術研究助成金(総合研究)「捕食者誘導型骨格筋肥大メカニズムの解析」(平成28-29年度)研究分担者 (代表者 井上菜穂子生物資源科学部助教)

基盤研究A,B,C、科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」事業、 JST産学共同シーズイノベーション化事業顕在化ステージ、私立大学高度化推進事業, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業、日本大学学術研究助成金(総合研究)、日本大学理事長特別研究「キャリアウェイ〜理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」 、日本大学学部連携研究推進シンポジウム、日本大学学術研究助成金(総合研究)、多摩川精機(株)受託研究他

所属学会及び学外での活動

所属学会 Academic Societies

国際発生生物学会ISDB 国際幹細胞学会ISSCR 国際分化学会ISD アメリカ化学会ACS
日本発生生物学会・日本分子生物学会・日本生化学会・日本再生医療学会・日本癌学会・日本動物学会日本実験動物学会・日本女性科学者の会(理事・第9回大会委員長)・日本女性技術者フォーラム

社会活動 Social Activities

日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(平成23・24年度)
文部科学省 科学技術・学術審議会専門委員(科学研究費補助金特定領域研究審査部会生殖系列領域)(平成21・23年度)
文部科学省 子ども科学技術白書III・編集委員(平成13年度)

(社)科学技術国際交流センター 東アジア女性研究者調査委員会委員長
(独)科学技術振興機構(JST)男女共同参画アドバイザリー委員会委員(平成23・24年度) WG委員
男女共同参画学協会連絡会・運営委員・アンケート設問および解析委員
女子高校生夏の学校2012 企画/実行委員長 2016-企画委員 (独)国立女性教育会館
(独)国立女性教育会館フォーラム交流推進委員(平成20-23年度)
特定非営利活動法人 日本女性技術者科学者ネットワークJNWES 日中韓フォーラムワーキンググループ代表 (2015年1月12日~)
東京医科大学女性研究者研究活動支援事業外部評価委員(2014年10月1日~2016年3月31日)
名古屋工業大学女性研究者研究活動支援事業外部評価委員(2016年)
特定非営利活動法人日本脂肪由来幹細胞再生医療研究会 再生医療等委員会委員(2015年1月~)
Gender Summit 10 WG 1委員(2016年~)

日本大学生産工学部男女共同参画委員会委員長
日本大学人権侵害防止委員会委員2013-2015
日本大学遺伝子組換え実験安全委員会委員
日本大学動物実験委員会委員

「遺伝子工学の基礎~DNAの酵素による操作」千葉県総合教育センター 社会に活きる科学技術研修(化学コース) 2014年7月31日 日本大学生産工学部 習志野 千葉
土浦日本大学中等教育学校 模擬授業 「日本大学のキャリアウェイプロジェクト・応用分子化学科で学べること:私の専門の話」 2014年11月11日 土浦 茨城
千葉県立実籾高等学校 模擬授業 「からだづくりの分子生物学 ~ゲノムから細胞そして個体まで」 2014年11月27日 実籾 習志野 千葉

平成24年度「大学における男女共同参画推進セミナー」講師 2012年11月 (独)国立女性教育会館
「細胞培養装置」千葉エリア産学官オープンフォーラム2012~未来を創る/千葉の共創力 2012年7月
第15回研究者講演会「からだづくりの分子生物学」(野呂知加子) スーパーサイエンスハイスクール特別公開プログラム2010 佐野日本大学高等学校2010年10月
南房総市民環境大学・講師「未来の子供たちのために」2009年11月
千葉県教員研修・化学の最新情報と先端工業化学の講座・講師「生命と化学~分子生物学からケミカルバイオロジーへ」2009年8月
日本技術士会・修習技術者研修会・講師「バイオ技術の基礎と創薬・再生医療への応用」2009年2月

日本大学生産工学部教育貢献賞(平成21年度)

リンク

野呂研究室ホームページ

Researchmap

羽ばたけ日本の女性研究者

日本大学医学部細胞再生移植医学講座(兼担)

日本大学幹細胞研究会

ヤマトヒメミミズ情報(北海道大学理学研究科栃内新研究室)

日本女性科学者の会

理事長特別研究「キャリアウェイ~理系女子学生のキャリア教育と活躍促進のための環境整備に関する研究」※ファイルをダウンロードします

研究室紹介

野呂研究室(生命分子機構学)

教授 野呂 知加子
メールアドレス noro.chikako
メールの送信時にはネームの後ろに@nihon-u.ac.jpを追記してください。

研究室ホームページはこちら

本研究室は生物の形作り、生命のしくみについて分子化学的・分子生物学的なアプローチにより明らかにする研究を行っています。がんなどの病気の原因究明や再生医療への応用も視野に入れ、細胞社会の基本原理を解明し、関連技術を開発する下記の研究テーマを設定しています。

  1. 細胞接着分子カドヘリンと幹細胞分化・がん細胞転移
    ・細胞接着分子と細胞間相互作用の研究
    ・ケミカルバイオロジーの手法を用いて遺伝子発現を制御する
    ピロールイミダゾールポリアミド(PIポリアミド)という低分子有機化合物を用いて、がん細胞のカドヘリン遺伝子発現を抑制すると、上皮-間充織転換が起こり、がん細胞は転移初期に相当する状態になります。この現象の分子メカニズムについて研究しています(医学部・京大理学部との共同研究)。
  2. 4次元組織再生工学
    ・細胞分化から組織構築へ細胞社会学研究
    ・人工組織形成のためのデバイスやマトリックス素材を開発する
    ヒト成体にも様々な幹細胞が存在することがあきらかになり、再生医療に応用する研究が盛んに行われています。様々な幹細胞の性質を調べ、特定の細胞に分化させる方法を研究しています。さらに細胞から、時間軸も考慮した4次元組織構造を作り臓器を再現する方法の開発(医学部との共同研究)や、そのためのデバイス・マトリックス素材の開発を行います。
  3. 幹細胞再生と環境因子
    ・再生能力の高いヤマトヒメミミズを用いた幹細胞再生と環境因子の影響研究
    ・環境バイオセンサーを開発する
    体全体が再生する生きものヤマトヒメミミズを用いて、その再生のしくみと幹細胞の研究を行っています。また、このミミズは条件を変えると有性生殖(精子と卵子ができて受精して卵を産む)が誘導できるので、出現する生殖細胞の起源を調べています(北大院理栃内研との共同研究)。この系を応用して環境変化に反応して光るバイオセンサーミミズの開発を目指しています。
  4. 生殖系列細胞の発生と分化
    ・未分化全能性細胞から生殖系列への分化機構研究
    ・生殖細胞形成のしくみを解明する
    次世代を作る生殖細胞ができるしくみについて研究しています。マウスを用いた精巣発生における細胞表面糖鎖の役割の研究(帝京大医学部との共同研究)やエピジェネティクス研究、およびヤマトヒメミミズを用いた生殖細胞起源の研究を行っています。精子形成不全症解明などにつながることを期待しています。

「細胞社会の変化と幹細胞・がん細胞」の説明、「ヤマトヒメミミズのライフサイクル」の説明

本研究室の教育目標は「生物学・生命科学・学問を楽しむ」「実社会で役に立つ企画力・コミュニケーション力・プレゼンテーション力・協調性を鍛える」です。多くの学生・一般の方に生命の不思議、生物学のおもしろさを伝えて行きたいと考えています。