access01 arrow01 arrow02 mail01 qa01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

学年主任教授挨拶 Greeting

無限の可能性を秘めた化学があなたの夢を現実にする!

日秋俊彦 | Toshihiko Hiaki
応用分子化学科 教授

"化学"といってまずイメージされることは白衣を着た人が実験室で試験管を振っている様子でしょう.

コンピュータで化学の世界をシミュレーションすることもできますが,化学の面白さと楽しみは何と言っても試験管やフラスコの中で起こる化学変化です.

これまでに多くの物質が誕生しています.

一見箱のように見える複雑で大きな装置の中で作られる物質もありますが,物質創成を目指す私たち化学技術者は常にわくわくした気持ちでその様子を観察しています.

もちろん,物質を作ることだけが化学技術者の仕事ではありません.

新しく作られた物質を分析する人,工業化・実用化に向けて物質の性質を調べる人,人の生命や健康,環境に役立つ製品をつくる人,環境に優しい方法を見つける人,生命科学と化学を融合させて医療・食品・化粧品に応用する人,など様々な化学者が社会で活躍しています.

今日では化学構造からその物質がどのような機能や性質を示すかを予想できるようになり,要求される機能や性質をもつ物質を環境や安全に配慮して作りだすことを考えることも化学技術者の役目です.

社会で活躍できる化学技術者としての第一歩をこの応用分子化学科で踏み出してください.

応用分子化学科を志願する皆さんには,化学技術者としての基礎的知識をきちんと身につけるとともに絶えず好奇心をもって問題を見つけ,自ら解決できるようになってほしいと思っています.

無限の可能性を秘めた化学が皆さん方の夢を現実にしてくれます.